20年以上側弯症に悩んでいたお客様です

20年以上側弯症に悩んでいたお客様です
この記事はだいたい 2 分前後で読めます。

こんにちは。爽空間の西川です。
今回は、側弯症の改善経過についてお伝えさせていただきます。

20年前に側湾症と診断され、右下半身に痛みを感じていらしたお客様の経過画像です

側弯症の変化

もちろんカメラを傾けた訳ではありませんが、施術前(一番左の写真)は上半身がかなり右に傾いてます。
こちらのお客様は、背骨を心地よい加減で揺らして歪みを調整するDRTのみで施術を行いました。
10回の施術終了時には、バランス良く直立が出来るようになり、右下半身の痛みもほぼ解消しています。

側弯症は、現代医学で治療が難しいといわれている案件です。
成人した方は、完治(背骨を真っすぐに)することはほぼ不可能ではありますが、放置したままでは側弯がさらにすすみ痛みと日々付き合っていかなければならなくなります。
そこで、日頃のケアと定期的なメンテナンスが側弯の進行を防ぐため大切になってきます。

爽空間の背骨調整(DRT)は、画像をご覧いただいた通り高い効果が期待できますので、側弯を気にされてる方は、ぜひご相談ください。

Wrote this article この記事を書いた人

soukuukan

トップへ