その辛い更年期障害は骨盤のゆがみからかもしれませんよ!

更年期障害は、「閉経」を迎えることにより、
エストロゲンという女性ホルモンが減少することで
エストロゲンを分泌させようとする
卵胞刺激ホルモンが過剰に分泌されることにより
ホルモンバランスが乱れることで、変化が起きその急激な変化に
体がついていけず、様々な不快症状をおこすと言われています。

その症状の出方はさまざまで、つらさにも個人差が生まれます。
その個人差が出る原因の一つとして挙げられるのが、
骨盤のゆがみや仙腸関節の働きがあります。

更年期障害を軽減するのには「仙骨を温めると良い」という方法を
ネット検索すると良く出てきます。
子宮は、仙骨(仙腸関節)の真裏に存在するため
その歪みのストレスはダイレクトに子宮にかかり、
その症状が強くでるのではないかと考えられます。

骨盤のゆがみを整え、仙腸関節の動きをスムーズにしておくと
そのような大きな体の変化にも対応できる状態になるので
更年期も楽に過ごせるようにすごせます。
※更年期障害がまったくでないということではありません。

すでに更年期障害が出て辛い方はもちろんのことですが、
早いうちから、整えておくこともとても大事です。
特に生理痛がつらい方も、仙骨のヅレによるストレスが原因であることもあります。

当院での施術は痛みがなく、
仰向けで寝た状態で調整をいたします。
骨盤矯正はS.O.TカテゴリーⅡを参照ください。

また、更年期障害は女性に限らず男性にも現れることがあります。
「もしかしたら更年期障害かも?」と思ったら
是非一度、ご相談ください。

おまちしております。

最新情報をチェックしよう!
>最後までご覧いただき、ありがとうございました

最後までご覧いただき、ありがとうございました

あなたからのご連絡を、心よりお待ちしております!

CTR IMG